ポケモン

ポケモンレッド&ブルーのカットコンテンツ-人、場所、ポケモン-溶岩博士#13

投稿日:



エピソード13:元のポケモンレッド&ブルーバージョンからカットされた人、場所、ポケモン。

Dr. Lavaのビデオが好きなら、任天堂のコンテンツに関する記事が満載の彼のWebサイトをチェックしてください。

ラバ博士のTwitter:

溶岩博士のパトレオン:

2つの修正:Gyaoonは、任天堂向けのオリジナルのCapumonコンセプトアートには含まれていませんでしたが、おそらく第1世代の開発で作成され、このビデオで言及されている他のいくつかのポケモンとともに、田尻jiの漫画で最初に明らかにされました。ゴロチュウに関するヨムリのインタビューは、2018年7月に公式ポケモンのWebサイトで公開されました(このビデオに記載されています)が、元々は2018年5月に読売によって直接2か月前に公開されました。不正確な謝罪

音楽:Volcano(ポケモンスナップ)、Prof Oak's Check(ポケモンスナップ)、Red&Blue Theme Orchestral(アニメ)、Valley(ポケモンスナップ)、Course Select(ポケモンスナップ)

ソース:

ビデオ自体でそれらを叫ぶべきでしたし、そうしなかったことを深く後悔しました-Helixchamberは2018年にコトラとライトラが失われたGen 1ポケモンの中にあることを発見するGameCenter CXエピソードを解読して素晴らしい仕事をしました:

Mewでのプログラミングに関する森本:

200ポケモンで設計された田尻、読売インタビュー翻訳:

Gyaoon、Crocky、Jaggu、Barunda:最初に明らかにされたのは「ポケモンを作った男田尻ji」

初期のコンセプトアートは広く文書化されていますが、Helix Chamberが最もよく分析しています。

読売五郎中インタビュー翻訳:

ベータポケモンは、長年にわたってさまざまなソースから提供されており、Helix Chamberでも十分に文書化されています。

The Cutting Room Floor wikiが提供する内部データ情報:

ラバ博士による色やその他の小さな編集のために、すべてのファンアートがわずかに変更されました。オリジナルのスクラップされたポケモンのファンアート:

 -Niek128による「鹿」アート

 -Urbinaor17によるオムオムアート

-Urbinator17によるDragon4アート

 -カロリナ・トワルドによるギャオン

 -シェナニガンザの食器

 -Karolina Twardoszによるジャグアート

 -Urbinator17によるバルンダアート

 -レイチェル・ブリッグスによるコトラとライトラのアート、@ raciebeep on Twitter

 -FoxeafによるGorochuアート

 -レイチェルブリッグスによるすべてのスクラップベビーアート、@ raciebeep on Twitter

 -ムンクラークス氏による象アート

 -Karolina Twardoszによるサボテンアート

 -Urbinator17によるパピオアート

 -メカ・チタノランテによるゴジランテアート

 -the-fake-dexterによるゴリライモアート

 -Urbinator17によるブヒアート

 -Urbinator17によるKabinアート

 -Urbinator17による「H化した生き物」

再生回数:1539014009
高評価数: 4590 低評価数: 114
検索キーワード:pokemon

投稿日時:2018-10-08 15:53:29

ビデオID:VHHmvOVqsIQ

出典:YouTube

-ポケモン
-, , , , , , , ,

Copyright© ポケモンDOGAまとめマスター , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.